バリアフリーリフォーム

日本では高齢化が進むとともに、バリアフリーのためのリフォームというのも人気を集めているリフォームの一つになっています。

バリアフリーリフォームとは、高齢者や身障者など、体が不自由な人でも不自由なく生活が送れるように工事をすることです。また近年では、災害時などに安全に避難するための対策としてバリアフリーが取り入れられることもあり、耐震のためのリフォームの一環としてバリアフリー化が行われることもあります。

バリアフリーリフォームを行う際には、地方自治体によっては補助金や減税が受けられる場合もあります。耐震改修への補助がつく場合と、障害者のための補助金がつく場合がありますが、障害者認定を受けている場合にはほとんどの自治体でバリアフリーシフォームの補助金を受け取ることができると思います。

補助金を受け取れるバリアフリーリフォームは具体的には、手すりの取付け、段差をなくす、滑りにくい床材への変更、ドアの取り替え、スロープ設置、お風呂の改修、浴槽の取り替え、トイレの改修、便器改修、手洗器改修などです。高齢者や障害者が安全に、また車椅子でも生活できるようにするなどの様々な工事が該当します。リフォームを行う前に必ず確認をしましょう。

また、バリアフリーリフォームをする上での注意点は、バリアフリーへの関心の高まりにつけこんだ悪質業者がいることです。リフォーム会社はよく検討し、悪質な業者のトラブルに巻き込まれないようにしましょう。

その他にも注意点はあります。バリアフリーリフォームといえば、高齢者や障害者が使いやすい家にしようと考えることは当然のことですが、リフォームをする際には、健常者にとっても使いやすいリフォームになっているかをしっかり確認しなくてはなりません。高齢者や障害者など、介護が必要な人だけではなく、そこで暮らす家族全員にとっても快適な家なくてはならかいということを忘れてはいけません。例えば、手すりの問題ですが、全ての部屋に手すりを付ければ、体の不自由な人にとっては過ごしやすいかもしれませんが、それでは壁面に置く家具を設置するスペースがなくなってしまいます。家族にとっては暮らしづらい家になってしまうのです。

体の不自由な人の症状の進行性を考慮したリフォームをすることも大切です。今は、杖や手すりにたよって歩くことができる程度の障害であっても、将来的には歩行は困難になり車椅子での生活が必要になるかもしれません。せっかく手すりをつけるバリアフリーリフォームをした時に、車椅子への対策も一緒にやっておけばよかったというように、後で後悔することがないよう、体の不自由な人の症状の進行性を考慮して、リフォームの計画をたてるようにしましょう。また、今は元気でも将来的に必要になるかもということで、他のリフォームのついでにバリアフリーリフォームを行うという人もいます。バリアフリーリフォームは先を見据えた計画を立てることが必要なのです。

反対に、症状が改善し、手すりなどが必要なくなる場合もあるでしょう。そんな時のために、バリアフリーへの施工を簡単に復旧できるようなものにしておくということも、場合によっては必要です。

バリアフリーリフォームは、ずさんな工事を行えば、体の不自由な人の安全や場合によっては命にかかわる重大な結果を招く可能性もありますので、何より信頼できる業者に依頼することが必要です。リフォーム会社はしっかりと選ぶようにしましょう。

  • 「リフォームナビ」はリフォーム希望の方の為の、リフォーム会社の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ