防犯リフォーム

空き巣などの侵入犯罪による被害は後を立ちません。そこで、住まいの防犯性能を高める防犯対策としてリフォームが行われているのです。防犯リフォームは、侵入犯罪などの被害にあわないために、侵入されにくいドアや窓に取り替えるなどの工事を行うリフォームです。

警視庁による調査の結果などから、空き巣などの侵入犯罪が起こりやすい住宅構造というのがあきらかになっており、また逆に侵入犯罪犯が侵入を諦めた構造の家も明らかになっています。そのため、その明らかになっている侵入し辛い家の構造に近づけるリフォームが防犯対策として有効なのです。具体的には、ドア周りや窓周りなど、侵入経路になりそうな出入り口の対策が中心になります。

ドアであれば、ピックングなどの被害にあいやすい構造のカギを交換すること、ワンドア・ツーロックという補助錠付きのドアにすること、ドアの隙間をカードプレートで埋めること、ドア・ドア錠・ドア枠を頑丈なものに変えること、ドア上に照明をつけることなどの対策が有効とされています。

防犯リフォームには注意点があります。ピッキングなどの手口が有名であることから、上記のようなドアの対策を行っただけで安心してしまう人が多いところです。しかし、警視庁のデータによれば、侵入犯罪が起こった場合の侵入経路として一番多いのはドアではありません。侵入方法の一位もピッキングではないのです。実際に被害にあった侵入犯罪の侵入経路は、実は窓なのです。しかも、ガラスを破って侵入されたというケースが多数あります。

そのため、ドアだけではなく窓にも防犯リフォームは必要で、窓の場合には、補助錠を付けたり、破壊に強い素材の窓に好感すること、お風呂やトイレの窓の場合には簡単に取り外せない格子を取り付けることなどが有効なリフォームの方法です。

他にもベランダに照明をつけることや、家の外周の見通しをよくすること、音の出やすい素材の庭材を使うことなども防犯リフォームとして有効だといわれています。また、侵入犯罪犯は防犯カメラが付いている家には、侵入を試みることもないというデータもあることから、門や玄関、ベランダなどに防犯カメラを取り付けることも有効な方法です。

防犯リフォームで大切なことは、犯罪被害にあってから対策をするのではなく、犯罪にあわないようにするために事前に準備をすることが必要ということです。中には、犯罪にあってしまったことがきっかけでリフォームを行うという人もいることと思いますが、事前にリフォームをしていれば被害に合わずにすんだかもしれないことを考えれば、安全に安心して暮らすためにも事前に防犯対策のリフォームを行っておけばよかったと思う人も多いと思うのです。

安心して暮らせる住まい作りのためにも、防犯リフォームをしてみてはいかがでしょうか。

ただし、防犯への関心の高まりにつけこんだ悪質は業者は多く、防犯のためのリフォームのはずが、詐欺など別の犯罪に巻き込まれてしまうというケースのトラブルも発生していますので、リフォーム会社をしっかり選ぶことは大切です。

信頼できる業者に依頼して、安心して暮らせる家にリフォームしましょう。

  • 「リフォームナビ」はリフォーム希望の方の為の、リフォーム会社の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ