断熱リフォーム

断熱リフォームをご存知でしょうか。内装リフォームなどと違い、リフォームの中ではイマイチどんな工事を行うのかが分からないという人も多いのではないかと思います。断熱とは、簡単に言えば夏に涼しく、冬に温かく過ごせる家を作るために行うものです。

住宅の断熱の役割は、暖房費や冷房費を節約し省エネにも繋がります。余分なエネルギーを使うことなく快適に過ごすことができるようになるのです。地球温暖化対策やCO2削減など、エコに関心が高まっている昨今ですので、自宅を断熱リフォームすることによって地球にやさしい住宅にしようという人は増えています。

夏の暑い日、冬の寒い日のエアコンが効かなかったり、季節によって熱気や冷気で使えない部屋があるという家に住んでいる人はいませんか。室内の湿気で壁やカーテンがカビっぽくなったり、結露がひどいというような家も断熱リフォームを行うことで改善することができます。

色々なメリットがある断熱リフォームですが、一番のメリットはやはり省エネということができるでしょう。ある断熱リフォームのデータでは、冷暖房で室温を調節すると、長時間に渡って温度をキープできることから、リフォーム前と比べるとの3分の1のエネルギー
で室温を調節することができたというデータもあります。

断熱リフォームは外壁で行うこともあれば、内側で行うこともでき、壁を壊さずにリフォームをすることも可能です。リフォームの規模や予算などに合わせて希望にあった工事を行うことができますので、まずは自分の家にあった断熱リフォームがどんなものかをリフォーム会社と相談するといいでしょう。

断熱リフォームのメリットはまだまだあります。

断熱リフォームをすることによって、窓の結露を防止することができるため、部屋の湿度をコントロールすることができるようになります。これによってダニやカビなど人体に有害なものが発生することを抑え、さらに湿度がコントロールされれば人にとっては快適な住環境を作ることができます。人にとって快適なだけでなく、建物にとっても湿気は大敵ですので、断熱リフォームをすることで家そのものの寿命を延ばすことにも繋がるのです。

他にも、断熱によって家の中での温度差がなくなることで、お風呂やトイレだけ気温が低かったり高かったりすることを防ぎ、高齢者にとってもやさしい住環境をつくることができます。断熱リフォームでは、建物の機密性を高めることから、防音性が高まるのもメリットの一つです。

断熱リフォームを行う上での注意点は、断熱は家単位で計画的に行わなくてはいけないということです。断熱は、屋根・壁・天井・床など全ての面を考慮して考えなくてはならいのですが、窓だけ、壁だけなどの断熱リフォームが行われることもあります。しっかりと計画的に行われる部分リフォームならばいいのですが、全体のバランスを考えずに部分的な断熱リフォームを施すことは、一つの家の中に断熱性の高い部分と低い部分をつくってしまう場合があり、その偏りによってかえって結露やカビを発生させてしまうこともあるのです。

断熱性を向上するということは、そんなに単純なことではないということを覚えておいてください。そのため、見積もりの安さなどで安易にリフォーム会社を選ばず、断熱リフォームの専門知識が豊富な経験のある業者を探すことが必要です。

適切な断熱リフォームを行えば、住環境の快適さはぐっとアップします。省エネ、光熱費の節約にも繋がるうれしい断熱リフォームですので、是非検討してみてはいかがでしょうか。

  • 「リフォームナビ」はリフォーム希望の方の為の、リフォーム会社の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ