外壁リフォーム

家の外壁は雨風にさらされる部分ですので、家の中でのメンテナンスの必要性の高い場所だといえます。外壁のリフォームは、ひび割れなどの傷みを修繕するメンテナンスの意味合いで行われることもあれば、エクステリアの一環としてデザイン的な意味合いで行われる場合もあります。また、近年では断熱や撥水、抗汚など、優れた機能を持つ外壁材も開発されており、そうした性能アップのためにリフォームを行うケースもあります。

外壁は定期的にメンテナンスをし、傷みに都度都度対応していくことで、寿命を延ばすことができます。寿命を迎えてから大掛かりなリフォームをするよりも、定期的にケアをしてあげた方がメンテナンス費用も抑えられることから、外壁のみでのリフォームなど、定期的に行う人が多いのが特徴です。

外壁のどんな症状に対してリフォームが有効かをご紹介します。

塗膜が劣化していたり、日当たりの悪い場所の外壁にはコケが生えたり、カビが生えたりして外壁の美観を損ねます。これらの症状は、高圧洗浄器でコケやカビを洗い落とし、コケやカビを防ぐ下塗り材や仕上げ材を塗付することで、美観を回復するとともに新たなコケやカビの発生を防ぐことができます。

また、外壁で起こりやすいトラブルであるヒビワレは、外壁の防水性を低下させ外壁の劣化を早めます。このような症状には、ヒビワレを埋めるコーティングをした後で、ヒビワレしづらい塗材を上塗りしてケアしてあげることで、外観を回復し、ヒビワレの補強ができます。

雨によるダメージも外壁の美観を損ねるものです。雨筋や雨汚れは高圧洗浄器で、出来る限り汚れを落とし、上から汚れにくい塗材を塗付することで、ダメージを元通りにし、新たな汚れがつきにくくすることができます。

タイルの外壁などは、タイルが剥がれて落ちてしまったり、何かをぶつけて破損させてしまったりしている箇所がある場合があります。タイルなどの素材の破損は、破損箇所を新しいものに取り替えるとともに、周りのタイルも綺麗に洗浄してあげることで綺麗な状態にもどすことができます。

外壁をリフォームするだけで、家が新築になったように外観が綺麗になったり、外壁をリフォームしたことでデザインなどを変えて気分を変えることができるなど、外壁のリフォームをするメリットは大きいのですが、人気があり施工数も多いリフォームだけに悪質な業者も多いので注意が必要です。

格安で工事を請け負い、適切でない素材を使って安い工事を行ったために、リフォーム後すぐにヒビワレが生じてしまうなどのトラブルも相次いでいます。また、外壁は外からみえているものだけに、いきなり訪問してきて、外壁のリフォームをしなければ家がダメになるなどと不安をあおり契約をさせようとするような業者もいます。

突然訪問してくるような業者は、相場よりも高い価格で工事を請け負い、ずさんな工事をし、アフターケアもしないなど、悪質な業者がほとんどだと思ってください。トラブルに巻き込まれないためにも、こうした業者は利用しないことが大切です。

外壁のリフォームは、しっかりと見積もりをとり、リフォーム会社を比較して、しっかりとした計画をもっておこないましょう。また、定期的なメンテナンスが必要になるものですので、アフターケアが充実しているリフォーム会社を選ぶといいと思います。

外壁をリフォームすれば、綺麗になった外観に気分も明るくなり、また防水、断熱、抗汚などの効果もあり、家そのものの寿命を伸ばすことにもなります。

古くなった外壁は、是非メンテナンスのためにリフォームをしてみてはいかがでしょうか。

  • 「リフォームナビ」はリフォーム希望の方の為の、リフォーム会社の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ