リフォーム減税とは?

Q.リフォーム減税って何ですか?

A.一定のリフォーム工事に対して様々な減税が請けられる制度のことです。

一定のリフォームを行うことによって、所得税控除や固定資産税の減税を受けることができます。一定のリフォームに該当するリフォームは以下のようなものです。

まずは耐震リフォームです。昭和56年5月31以前の耐震基準で建築されている住宅の居住者が耐震リフォームを行い現行の耐震基準に適合させる場合には所得税の控除が受けられます。耐震基準が改正されても、その耐震基準が施行される前に建設された建物は、建築時の耐震基準で許可されているため、リフォームが義務付けられるわけではありません。ただ、現行の耐震基準に適応していないということは震災などの被害を受けやすい建物ということになりますので、このような減税制度を設けてリフォームを促しています。また、昭和57年1月1日以前から所在している住宅に、工事費用30万円以上の耐震リフォームを行えば固定資産税の減税対象になります。減税対象かどうかは建物の経っている地域などにもよりますので詳しくは地域の窓口に確認してください。

次に、体の不自由な人が生活をする住宅に対して、工事費用が30万円以上のバリアフリーリフォームを行った場合には、所得税の控除と固定資産税の減税が受けられます。

また、太陽光発電の設置など、30万円を超える省エネリフォームを行った場合にも、所得税の控除と固定資産税の減税が受けられます。

これまではローンを組んだ場合にしか適応されなかった減税制度ですが、平成21年度からは、ローンを組まずにリフォームを行っても所得税の還付等が受けられる精度が導入されています。

ただ、いずれの減税制度にしても、どんな工事が該当するのか、自分は減税対象になるのかは市町村の窓口に問い合わせて確認をしてみるといいでしょう。減税制度の中にも併用ができるものとできないものがあったり、個人で調べるには複雑なものも多数あります。具体的にリフォームの内容と照らし合わせて問い合わせをするのが一番です。

  • 「リフォームナビ」はリフォーム希望の方の為の、リフォーム会社の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ