県営住宅はリフォーム可能?

Q.県営住宅はリフォーム可能でしょうか?

A.可能です。

県営住宅のような住宅であってもリフォームすることは可能です。ただし、どの程度のリフォームまでが許可されるか、リフォームの許可範囲は都道府県ごと、または建物ごとに差があります。リフォームについては直接都道府県の担当窓口まで問い合わせるといいでしょう。

県営アパートのような集合住宅よりは、県営住宅のほうが柔軟に対応してもらえることが多いようです。ただし、リフォームが許可される場合でも退去時には入居時の状態に戻すことが求められる場合もありますので、その点についても合わせて確認をしておくと安心です。

クロスの張替え、外壁の塗りなおしなどの簡単なリフォームであれば許可されることが多いようですが、大掛かりなリフォームとなると難しいものもあります。都道府県によっても違いますので一概には言えませんが、一般的には建物のメンテナンスや建物を長持ちさせるために必要なリフォームであれば認められることが多く、建物の構造を変えるものや現状復帰が難しいものについては許可されないことが多いようです。

基本的には借りているものですので、大きく手を加えることはできないのです。しかし、水まわりの不具合によるリフォームなどであれば、逆に費用を負担してもらえる場合もあります。バリアフリー化のために和式トイレを洋式に付け替えることや、手すりを付けることなど、バリアフリーリフォームが認められるようなケースもあるようですので、やはりはずは担当窓口に相談をしてみましょう。

その際には単にリフォームをしてもいいかということではなく、どんな目的のためにどんなリフォームを行いたいのかを具体的に相談すると、より明確な回答が得られると思います。

  • 「リフォームナビ」はリフォーム希望の方の為の、リフォーム会社の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ