基礎知識


家というのは、建ててから年月が経っていけば自然と傷みが出てくるものです。細かいメンテナンスをしながら暮らしていても、だんだんと古くなり、細かいメンテナンスだけでは対応ができなくなってきてしまいます。そんな時にどうするのかといえば、家を建て直すか、リフォームをすることが必要になるのです。

今、家のメンテナンスとしては、このリフォームが大変が大変盛んになっています。ここでは、そのリフォームの基礎知識をご紹介しておきたいと思います。

まず、リフォームとは何かというと、痛んでダメになってしまったり、老朽化した部分を取替え、元の状態に戻す家のメンテナンスのことを言います。汚れてしまったクロスを張り替えて綺麗にしたり、外壁を張り替えたり、悪くなっている部分は新しいものに取り替えます。ただ外見を綺麗いだけではなく、老朽化して危険な場所は丈夫で安全なものに取り替えるなど、家の基礎はそのままに新築時の状態に近づけるメンテナンスがリフォームなのです。

家が古くなってきた時に、新築を建て直すのかリフォームをするかというのは、多くの人が悩む大きな問題ですが、家の基礎を活かすリフォームは新築にくらべて一般的には費用が安くコストの問題からリフォームを選ぶ人が多いのです。

リフォームとは、基本的には家の間取りや構造などの基礎には手をつけずに行うものをいいますが、最近では間取りや構造なども変更する大掛かりか工事であっても広義のリフォームとして捉えられることが多くなってきています。

家の老朽化ということだけではなく、現代では様々な理由でリフォームが行われています。家族構成の変化やライフステージの変化によって暮らしやすい家にリフォームしていく人もいれば、震災などを受けて耐震強化のためのリフォームを行う人もいます。エコへの関心の高まりから、エコロジー住宅へとリフォームをするという人もおり、リフォームにも様々な種類があるのです。リフォームは低コストで自分の理想のライフスタイルを実現できる家のメンテナンス方法としてすばらしいものです。中にはリフォームして暮らすことを前提にして中古住宅を購入して、新築を購入するよりも安い価格で理想の家を手に入れるという人もいます。

しかし、すばらしいリフォームですが、注意しなくてはならない点もあります。

まずは、工事があまり大掛かりになるようなものはリフォームでは対応しきれない場合があることです。間取りや構造をあまりに大きく変えるような場合にはリフォームで行うことが難しい場合もあります。また、リフォームしてみたものの、色々なところに手をつけていくうちに結果として新築した方が安かったというほど費用がかかってしまうというケースもあります。リフォームには、事前のしっかりとした計画を見積もりが大切なのです。

また、リフォームの人気が高まるとともに、リフォームによるトラブルも増加しています。見積もりと実際の請求額に差があったり、コストダウンのために手抜き工事を行うような悪質業者があったり、無料の耐震診断などと称してやって来て、耐震強化のためのリフォームを強引に契約させようとする業者もあります。しかも、工事の内容はいい加減なもので全く意味のない工事をして高額なリフォーム代を請求する詐欺まがいの業者まで存在しているのです。

リフォームを検討するならば、最低限リフォームの基本知識を身につけ、しっかりと業者を選び納得いくリフォームができるようにしましょう。

  • 「リフォームナビ」はリフォーム希望の方の為の、リフォーム会社の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ