リフォーム会社と工務店の違いは?

Q.リフォームの工務店とリフォーム会社の違いはなんですか?

A.専門性と規模の違いです。

リフォームは、一口にリフォームといっても様々なものがあります。外壁を塗りなおすだけのリフォームや、庭にウッドデッキを作るだけのリフォームといったような範囲も狭く部分的なものから、家をまるごと新しくするようなトータル的なリフォームまで規模も種類も様々なのです。当然、その工事を請け負う施工業者にも様々な種類があることになるます。

その施工業者を大きく分けたものが、工務店とリフォーム会社です。工務店とは一般的に規模はさほど大きなものはなく、専門性の高い業者のことです。例えばクロスの張替えなどを専門に請け負う内装専門の工務店や、ガラスの入れかえなどを行うガラス専門の工務店といった具合です。こうした工務店は地域密着で仕事をしていることも多いのが特徴でうす。

一方でリフォーム会社はどうかというと、トータル的に様々な場所のリフォームをしたいという場合には、リフォームの場所場所で専門の工務店に依頼をするような手間がかかることをしなくてもリフォーム会社でトータル的にリフォームを行うことができます。大手のリフォーム会社であれば、自社のスタッフで全ての施工を請け負えるところもありますが、リフォーム会社によっては受注や契約、プランニングなどをトータル的に行うのがリフォーム会社でも、実際の施工は専門の工務店に委託をしているところもあります。

工務店とリフォーム会社とどちらに依頼をするべきかは、リフォームの規模や内容にもよります。また、双方から見積もりをとり比較検討してみてもいいでしょう。

リフォーム会社では、大掛かりなリフォームにも対応してもらえますし、個別に工務店に依頼するような手間はかかりません。また、大手であれば大手の安心感もあります。sフターケアなども体勢が整っているところが多いのは魅力的です。ただし、リフォーム会社が請け負って工務店に依頼するようなケースでは、直接工務店に頼むよりも割高になる場合があるなど、規模の小さなリフォームや専門性の高いリフォームであれば直接工務店と相談したほうがリーズナブルで話がはやいということもあります。

自分が行いたいリフォームにあっているのはどちらかを検討して、選ぶといいと思います。

  • 「リフォームナビ」はリフォーム希望の方の為の、リフォーム会社の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ