マンションリフォーム

マンションリフォームとは、マンションの一室をリフォームする工事のことです。主に分譲住宅で行われますが、購入した分譲住宅を自分の好みやライフスタイルに合わせてリフォームするケース、中古マンションとして販売する前に業者が傷みなどを改善するために行うケースがあります。また、リフォームすることを前提に中古マンションを購入し、購入後のリフォームをするケースもあります。

マンションリフォームで特徴的なのは、一戸建て住宅のリフォームと違い、リフォームできる場所と出来ない場所があることです。いくら購入した部屋の空間とはいっても、リフォームできない場所もありますので注意が必要です。マンションリフォームは、法律や規約に基づいて行わなくてはなりません。

マンションのリフォームに関係する法律には、区分所有法があります。マンション法とも呼ばれている法律ですが、マンションの所有者が共同生活をする上でのルールを定めた法律です。区分所有法では、マンションには、一般的に玄関の内側からベランダ手前までを指す専有部分と、ロビー、廊下、外壁などのようにマンションの所有者全員が所有権を持っている共有部分があることが定められています。また、消防法もリフォームに関係するもので、この消防法によって内装材の制限や火災報知器の設置など、防火防災に関する義務が定められているのです。

これらの法律のほかにも、マンションのはそれぞれ管理規約があり、リフォームを行う際にはそれぞれのマンションの管理規約に従って行わなくてはなりません。一般的には、専有部分である室内のリフォームは比較的自由に行えることが多いのですが、管理規約によっては制限がある場合もありますので、リフォームを希望する際には必ず確認をしましょう。

マンションリフォームでリフォームできる部分、できない部分は一般的には以下のようなものです。

まず、柱などの構造体は基本的にはリフォームで変更することはできないと思ってください。専有スペース内にあったとしても、これらは集合住宅の性質上リフォームで変更することはできません。給排水管やガス管などの配管関係もリフォームで位置を変更することは難しいでしょう。ドアや窓なども、共有スペースとして扱われるため変更することはできません。ただし、ドア内部の色を塗り替えるなど、専有スペース側での簡単な施工であれば可能な場合もあります。窓の場合にも、防音のために内側で二重窓にするなど、専有スペースの内側であればリフォームで手を加えることは可能です。

ベランダやバルコニーも、共有スペースの一部ですのでリフォームすることはできません。ただ、床材を変えてガーデニングを楽しむ程度のリフォームは規約でも認められている場合が多いようです。しかし、ベランダは避難経路の一つとして非難ハッチがある場合がありますので、そのハッチを塞ぐようなリフォームは行うことができません。

このような点に注意をすれば、壁や天井、水まわりなど専有スペースないのリフォームは自由に行えることが多いかと思います。ただ、リフォームの際に届出が必要であったりマンション独自のルールがあると思いますので、必ず確認をするようにしてください。

工事期間中は騒音など、ご近所に迷惑をかけることも考えられますので、挨拶に行くなどご近所への配慮もわすれないようにしましょう。

  • 「リフォームナビ」はリフォーム希望の方の為の、リフォーム会社の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ