二世帯リフォーム

二世帯リフォームを検討するきっかになるのは、親が高齢になったことや結婚や出産など、ライフステージの変化がきっかけになることが多いようです。これまで一世帯が暮らしていた住居を二世帯で使えるようにし、二世帯が生活をともにできるようにするリフォームが二世帯リフォームなのです。

二世帯リフォームは、現代社会の家族事情を受けて今度ますます需要がのびていくと考えられています。現代社会では、個々のプライベートやプライバシーが守られた生活に慣れている人が多く、いくら家族とはいっても昔のように家族が大人数で一つの家で生活することにはストレスを感じる人も多いでしょう。生活の時間帯も様々なら生活スタイルも様々になっていますので、結婚後に親と同居することを嫌がるという人も多くなっています。しかし、その一方で少子高齢化が進み、年老いた親の面倒をみるということは、子供にとっては大きな問題になります。また、夫婦共働きが一般的になった現代では、子供の面倒をおじいちゃんおばあちゃんにみてもらうことが必要な場合もあります。

そこで、個々のプライバシーやプライベートは最低限守られつつも、親と生活をともにし面倒を見ることもきる、孫の面倒も見てもらえるという二世帯住宅へのリフォームが人気を集めているのです。

二世帯リフォームの方法には、色々な選択肢があります。重要なのは、どの程度の生活を共有し、どの程度を分離するかということです。キッチン、お風呂、トイレなど、生活に必要な設備をそれぞれの世帯が使用スペースにそれぞれ設置しているだけで、空間は分離せずに一つの家の中で生活を共有するという二世帯住宅のケースもあれば、玄関も別で家の中での行き来はできないなど、完全に生活を分離している二世帯住宅もあります。リビングなどの共有スペースを持ち、共有スペースを介して行き来はできるものの、基本的には分離して生活をするというケースも考えられます。

一つの建物をフロアで分離するのか、それとも縦割りにするのかなと、建物の分離の仕方についても様々な方法が考えられます。

大切なのは、お互いの生活スタイルやパターンなどをよく考えて、お互いの世帯にとってストレスのない二世帯リフォームの形を検討するすることにあります。この検討が十分にできていないために、いざ生活をはじめてみてから気詰まりな思いをしたり、不自由を感じるという失敗をしてしまう人も多いので注意が必要です。

失敗したと感じる例としては、二世帯で生活時間帯が全く違うにも関わらず、玄関を共有し共有スペースを通ってそれぞれの居住空間へ移動するようにしたために、夜遅く帰宅する時などに気を使ってしまうことや、基本料金をまとめて光熱費を節約するために電気やガスのメーターを一つにしてしまったところ、光熱費の支払いの分配でもめたり、使用量のことで小言を言われたなどということもあります。

他にも、リビングが共有で気軽に友人を呼べなかったり、二世帯の行き来が多いのに完全分離してしまったために天気の悪い日などでも外を回らないのが不自由というような失敗例もあります。

二世帯リフォームを検討するならば、まずは二世帯の関係性やライフスタイルなどをよくよく考えて、先のことまで考えて計画を立てることが必要です。

  • 「リフォームナビ」はリフォーム希望の方の為の、リフォーム会社の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ