リノベーションとは

既存の建物のの使用用途や機能を変えて、性能を向上させることをリノベーションと言います。建物の使用者が使い勝手のいいように大幅な改善をし、これまでの建物にはなかった付加価値を付けるもので、既存の建物を利用して全く新しいものを創造するというのがリノベーションなのです。

増築などにより新たな価値が創出され使い勝手などの面での改善など付加価値の増大させたり用途を変させることを意味します。生まれ変わらせるという ニュアンスに近いかもしれません。リノベーションとリフォームの意味は、どちらも建物や居室、店舗などを新しく綺麗に改修することからリフォームと混同さ れがちですが、厳密には違うニュアンスが加味された意味合いとなります。

リノベーションは様々な目的で行われますが、リノベーションした建物は新たな性能や価値を持った住宅へと進化します。時代の変化やニーズに対応して機能や性能をアップさせることで、建物の資産価値までも高めることができます。

リノベーションでは、個人の個性やニーズに建物を合わせていくことができるため、新築の戸建やマンションを購入するよりも古くなった物件を購入し、リノベーションすることで自分らしい生活を実現したいと考える人が増えていることから、リノベーション人気は高まっています。新築よりも大幅にコストを抑えられること、既存の建物を利用することからエコであること、また、古い建物独特の雰囲気を活かして空間作りをしたいという人もおり、中古物件のリノベーションは支持されているのです。リノベーションをすることを前提としてリノベーション用の物件も販売されています。

リノベーションを行うことで、既存の建物を活かして元の状態よりも長く使うことができるようになります。古い建物であっても、耐震性を高めたり防火性を高めることで耐久性をアップし安全に暮らすこともできます。リノベーションを行うことで建物の価値を飛躍的にアップできることから、個人が行うケースだけでなく中古住宅を買い取った業者がリノベーションを施した上でリノベーション住宅として販売するケースもあります。

リノベーションだからこその思い切った増築や、改修を行うこともでき、個性的な建物が次々と誕生しています。自分らしい家に住む、自分が暮らしやすい家に住むというのは、現代人にとっては当たり前のことになりつつあるのです。リノベーションならば間取りや建物の基本構造を変えなかったとしても自分らしい住空間を作ることが可能です。

インテリアにこだわって自分らしい住空間を作るところを一歩踏み出して、建物そのものを自分らしく作り変えるリノベーションは、今後ますますさかんになっていくことと思います。インテリアのように目に見える部分だけデザイン面だけということではなく、ライフスタイルや信念に基づいて、エコにこだわったり、自然素材にこだわることなどもでき、家の構造から自分らしい建物を作っていくというリノベーションは、まさに現代の新しい住空間作りの形だと思います。

  • 「リフォームナビ」はリフォーム希望の方の為の、リフォーム会社の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ