リフォームとリノベーションの違いは?

リフォームとリノベーション、どちらもなんとなく意味は分かっているつもりでも、両者を比較してみるとイマイチどこが違うのかが分からないという人は多いのではないでしょうか。リフォームとリノベーションを混同して考えている人が非常に多いのですが、リフォームとリノベーションの境界線は非常に曖昧なため、ここで整理をして解説してみたいと思います。

まず、リフォームもリノベーションも既存の建物に対する工事であることは共通しています。古くなったものを新しいものに交換したり、リフォームやリノベーションを行うことで既存の建物を新しい建物のように生まれまわらせるという意味では同じもののように感じるかもしれませんが、違いは何を目的に行うのかというところにあります。

まず、リフォームの場合には、古くなったものを修理するという意味合いで工事を行うことになります。例えば、壊れたタイルを張り替えたり、ヒビワレた壁を張り替えたり、汚れたクロスを張り替えたりという工事はリフォームにあたります。雨漏りがするようになった屋根を治したり、汚れた外壁を塗り替えたりという工事もリフォームです。リフォームは、年月の経過とともに古くなったり壊れたりした部分も、元の状態に戻すことを指します。

これに対してリノベーションはどうかというと、古くなったものを元の状態に戻すということではなく、全く新しいものに変更したり、新たな機能を付加することをリノベーションといいます。壊れたタイルやヒビワレた壁などを元通りにしたり、雨漏りがする屋根をただ治すのではなく、例えば断熱機能をもったもの変えたり、また古くなったものを直すという考え方ではなく、バリアフリーのために住宅を改装したり、オール電化に変更したりという、建物の性能そのものを変えるような工事はリノベーションということになります。建物の間取りを変えたり、構造を変更するような大幅なデザイン変更を行うこともりのリノベーションです。古くなったものを直すことではなく、自分が暮らしやすい住空間のために建物の性能や構造を変える工事がリノベーションです。

リフォームとリノベーションの違いがお分かりいただけたでしょうか。しかし、日本ではリノベーションという言葉は、リフォームほどには認知度が高くないため、実際にはリノベーションと言っていい工事の内容であってもリフォームという言葉が使われることはめずらしくありません。日本では、デザイン性が重視されたリフォームのことをリノベーションと呼ぶ傾向もあります。

また、リフォームとリノベーションとの境界線は、明確に定められているわけではありませんので、古くなったものを直すメンテナンスとともに新しい性能が付加されるようなリフォームともリノベーションとも取れる工事もありますので、両者の違いについてはさほど神経質に線引きをする必要はないと思います。リノベーションも、広義の意味でのリフォームの一つという捉えられ方が一般的です。

  • 「リフォームナビ」はリフォーム希望の方の為の、リフォーム会社の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ