リフォームでシックハウスにはならないの?

Q.リフォームによってシックハウス症候群になることはないでしょうか?

A.可能性としてはシックハウス症候群になることも十分考えられます。ただし予防はできます。

リフォームを行ったことをきっかにして、シックハウス症候群になってしまうことは可能性としては十分に考えられることだと思います。

まず、シックハウス症候群がどんなものかというと、頭痛、目の痛みやかすみ、手足のしびれ、動悸、腹痛、吐き気、息苦しさや喘息のような症状、耳鳴り、倦怠感など、様々なアレルギー症状が起こってしまうものです。症状の原因になるのが、建物に使われた建材です。建物が原因でなぜこのようなアレルギー症状が出てしまうかというと、建材に化学合成物質が使われているためです。化学合成物質が大量に使われた建物の中にいるととで、化学物質に過敏に反応するようになってしまい、上記のようなアレルギー症状に繋がってしまうのです。

これまで住んでいても全く問題のなかった家が、リフォームをしたことをきっかけに、建材として使われた化学合成物質が増え、アレルギーに繋がる可能性はあるでしょう。

ただ、近年ではシックハウスに関する認知度も高まり、シックハウスに繋がるような刺激の強い化学合成物質を使わない施工を行うという意識も高くなっています。シックハウス対策に取り組み、ホルムアルデヒドなどを一切使用しないことをうたっているリフォーム会社のありますので、心配な場合にはそうした業者を選んで工事を依頼するといいでしょう。シックハウスは予防することができます。専門業者に依頼する場合でなくても、シックハウスへの対策については施工業者と相談しておくといいと思います。

化学合成物質は、見えない部分多く使われます。一見しただけでは化学合成物質が使われているかは分からないがほとんどです。リフォームの計画段階から、シックハウスにも配慮した計画をたてましょう。

また、悪質な業者は施工のコストを抑えて利益をだすために、粗悪な建材を使用している場合があります。それがシックハウスの原因になってしまうこともあります。シックハウスを予防するためには、信頼できる業者を選ぶということも大切なことです。見積もりの安さなど、目先の費用にばかり目を向けてしまうと、そのような悪質業者に依頼をしてしまい、結果として再リフォームが必要になるケースもあります。

リフォームは家族の安全や快適な暮らしにも直結するものですので、業者はよく検討して選び、後悔のないリフォームが行えるようにしましょう。

  • 「リフォームナビ」はリフォーム希望の方の為の、リフォーム会社の検索のポータルサイトです。
  • サイトマップ